アフィリエイトを始めるなら、まずAmazonと楽天に特化するのがおすすめ【稼ぐ感覚を身に付ける】

Amazonアソシエイト、楽天アフィリエイト

どうも、ブログ管理人のタクミです。本記事は「アフィリエイトを始めるのなら、まずAmazonと楽天に特化するのがおすすめ」というテーマのもと進めていきたいと思います。

この記事を書いている僕は現在、このブログでアフィリエイトを中心に稼いでいます。特に現時点ではAmazonと楽天を中心に稼いでいます。

高単価案件は初心者には難しい

A8.netなどのASPサイトを見ていると様々なジャンルの商品があり、中には1件で10000円もの報酬が貰えるものもあったりします。

高単価案件の代表例

  • 格安SIMやモバイルWiFiなどの通信系
  • クレジットカードやFXなどの金融系
  • 転職サイトや求人サイトなどの仕事系
  • 脱毛や美容などの健康系

しかし、そういった高単価案件はアフィリエイト初心者には非常に難易度が高く、稼ぐにはかなりの努力が必要です。ベテランのアフィリエイターや大企業などが検索エンジンの上位を押さえているので、初心者のブログではまず勝ち目がありません。

なので、アフィリエイトを始めたばかりの人は高単価案件を狙うのはあまりおすすめしません。次の紹介するAmazonアソシエイト・楽天アフィリエイト、もしくは低単価案件から攻めていきましょう。

高単価案件をおすすめしない理由

  • ベテランのアフィリエイターや大企業が独占
  • 報酬が発生しないので、やる気が下がる

Amazonと楽天で稼ぐ感覚を身に付ける

アフィリエイト初心者の人は、『Amazonアソシエイト』『楽天アフィリエイト』から始めるのがおすすめです。

これらのアフィリエイトサービスはAmazon・楽天の商品をブログ等で紹介し、購入してもらうことで報酬がもらえる仕組みになっています。Amazonや楽天はいろんなジャンルの商品を扱っているので、初心者の人でもやりやすいと思います。

まずはAmazonと楽天の商品を紹介し、アフィリエイトで稼ぐ感覚を身に付けましょう。ブログで稼げるという感覚がないと記事を書くモチベーションは続かないので、是非身に付けておきたいところです。

Amazonと楽天のおすすめポイント

  • 商品・ユーザー数が豊富(何でもそろっている)
  • Amazonのサービスもアフィリエイト対象(PrimeやAudibleなど)

商品・ユーザー数が豊富(何でもそろっている)

Amazon・楽天はそれぞれショッピングサイトとして日本人の多くが利用している超巨大ECサイトです。なので、商品の紹介や購入への誘導が非常にしやすいです。

面倒な登録や手続きもなく商品が購入できるので、他のアフィリエイトサービスと比べても報酬が発生しやすいです。

また、扱っている商品も非常に豊富なので、商品の紹介に困るということもほとんどありません。まさに初心者にうってつけのアフィリエイトサービスです。

Amazonのサービスもアフィリエイト対象

Amazonに関することですが、Amazonアソシエイトではサイト上で扱っている商品だけではなく、Amazonの有料会員サービスもアフィリエイトの対象になります。

例えば、Amazon PrimeやKindle unlimitedなどがアフィリエイトの対象になります。これらのサービスは初心者でも紹介しやすいので、是非利用していきたいところです。

Amazonアソシエイトの対象(代表例)

  • Amazon Prime(Amazonで一番有名な有料サービス)
  • Prime Student(学生版Amazon Prime)
  • Kindle unlimited(対象のKindle本が読み放題)
  • Audible(本の朗読が聴けるサービス)
  • Amazonファミリー(家族用のサービス)

Amazonと楽天の注意点

  • 単価が安い
  • Amazonアソシエイトの登録に審査が必要

単価が安い

Amazonアソシエイトや楽天アフィリエイトは商品が紹介しやすく、報酬が発生しやすいですが、一件の単価はとても低いです。

Amazonアソシエイトではどんな商品でも最高1000円ですし、楽天に関しては商品価格の1%しか報酬がもらえません。

初心者のうちはAmazon・楽天で良いのですが、ある程度アフィリエイトに慣れてきたらASPで扱われているような高単価案件を狙いに行くのもありです。

Amazonアソシエイトの登録に審査が必要

楽天アフィリエイトの場合はブログの審査等は必要なくすぐに始められるのですが、Amazonアソシエイトの場合、ブログの審査が必要になります。

ブログの審査はなかなか通らないと評判なので結構大変です。しっかりブログを作ってから審査を受けると良いでしょう。※Amazonをよく利用していることも審査基準になるとか