バイトが嫌いな大学生にはクラウドソーシングがおすすめ【在宅で稼げる】

バイトが嫌いな大学生

どうも、ブログ管理人のタクミです。本記事は「バイトが嫌いな大学生にはクラウドソーシングがおすすめ」という内容で、進めていきたいと思います。

この記事を書いている僕は現在、大学生ですがバイトではなくクラウドソーシングでWebサイト制作の仕事をしながら稼いでいます。バイトはほとんどしたことがありませんが、クラウドソーシングでも月に4万くらい稼げています。

バイト以外でお金を稼ぎたい大学生、在宅で稼げる仕事がしたい人は是非参考に!

そもそもクラウドソーシングとは?

クラウドソーシングとは、簡単に言えば仕事を探している人と仕事を頼みたい人(クライアント)をつなげるインターネット上のサービスです。

サイト上でいろんな依頼がやり取りされていて、Webサイト制作、サイトデザイン、ライティング、翻訳など様々な種類の仕事あります。

ネット上で仕事が完結するようになっているので、在宅でもお金を稼ぐ事が出来ます。そのため、人付き合いが苦手だったり、人と話すのが得意でない人におすすめです。※もちろん、その分プログラミングやライティング、デザインのスキルは要ります

代表的なクラウドソーシングサイト

  • ランサーズ
  • クラウドワークス

「クラウドソーシング=楽」ではない

先ほどの説明の通り、クラウドソーシングは在宅で仕事ができますが、簡単に稼げるというわけではありません。何かしらのスキルがないと稼げない分、大学生にとっては難易度が高いとも言えます。

ただ、スキルがある人にとっては非常にやりやすいと思います。バイトと違って、仕事場に移動したりもしなくていいし、コミュニケーションコストも抑えられるので、その点は優れています。

クラウドソーシングのメリット

  • 在宅で稼げる(交通費や移動時間が要らない)
  • スキルがあれば、稼ぎやすい
  • コミュニケーションコストを抑えられる

クラウドソーシングでおすすめな仕事

  • ランディングページ・企業ページの制作
  • Webサイトのデザイン
  • ライティング

ランディングページ・企業ページの制作

ランディングページ・企業ページなどのWebサイト制作は、ある程度スキルを身に付ければ大学生でも出来る仕事です。※僕もこれらの仕事を中心に稼いでいる

必要なスキルはHTML&CSS、JavaScript、WordPress、サイトデザインといった感じで、これらのスキルは独学でも2か月くらいで覚える事が出来ます。

ある程度、時間がある大学生ならやってみる価値はあると思います。将来、IT企業で仕事をしたい人は企業へのアピールにもなります。

※プログラミングの独学方法はこちらを参考に⇒【経験あり】プログラミングの独学方法を教えます+初心者のための補足【基本的に2択です】

Webサイトのデザイン

コーディングというよりはデザイン関係のほうが興味がある人は、Webサイトのデザインの仕事がおすすめです。

Webサイトデザインは、デザインに関する基礎知識とPhotoshop・Illustratorの操作知識があれば、ある程度はこなせます。

「プログラミングよりデザインだ」という人におすすめです。

ライティング

プログラミングやデザインは興味ないし、できそうにないという人はライティングの仕事がおすすめです。

ライティングの仕事では、ブログなどのWebサイトに載せる記事の執筆を依頼されます。頼まれた分野に関する知識とライティングスキルがあれば、ある程度はできます。

プログラミングやデザインに比べて難易度は低いので、とりあえずクラウドソーシングで稼ぎたい人はおすすめです。※ただし、単価は低めなので注意が必要