ミニマリストを目指すなら真っ先に捨てたいものを紹介します【体験談含む】

ミニマリストを目指すなら真っ先に捨てたいもの

どうも、ブログ管理人のタクミです。本記事では「ミニマリストを目指すなら真っ先に捨てたいもの」を紹介します。

この記事では僕がミニマリストになるうえで、「これを捨ててよかった」というものを中心にまとめています。

ミニマリストになりたい人、物を捨てたい人は是非参考に!

ミニマリストを目指すなら真っ先に捨てたいもの

  • テレビ
  • 使っていない衣服・靴・かばん
  • 使っていない本・CD・DVD
  • 無駄にたまった書類・郵便
  • 壊れた家電・電子機器

テレビ

テレビを持っている人は昔に比べたら減っている(20~30代を中心に)と思いますが、それでもまだ多くの人が持っているのが現状です。

テレビは気づかないうちに人の時間を奪い、CMなどを通して物欲や所有欲を煽ります。また、価値観や考えにも大きな影響を与えます(良くも悪くも・・・)。物を持たない自由な生き方を目指す「ミニマリスト」なら真っ先に捨てたいものの一つです。

テレビを捨てれば、自分のやりたいことに使える時間が増え、自主的に活動するようになるのでメリットも大きいです。※僕の場合は読書やプログラミングの時間が多くなっています

テレビを捨てるべき理由

  • 自分の時間が奪われる(受動的な時間になる)
  • 価値観や考えに大きな影響を与える(悪く言えば洗脳装置)
  • CMを通して所有欲や物欲が煽られる

使っていない衣服・靴・かばん

過去に欲しいと思って、買った商品も気が付いたら使わなくなっているということはよくあります。特に衣服や靴、かばんなどはその対象になると思います。

これらの物は「いつか使うかも・・・」と思って、取っておく場合が多いですが、実際はほとんど使わないので捨ててしまった方が良いです。

余計な衣服や靴、かばんを捨てるとそれらの選択に使っていた時間を減らすことができるので、時間的にも精神的にもかなり楽になります。毎日、服や靴、かばんの選択で悩む時間は正直もったいないです。

個人的には衣服や靴、かばんなどの毎日身に付けるものは定番化するのがおすすめです。※AppleのジョブズやFacebookのザッカーバーグも毎日決まった服を着ると有名

衣服・靴・かばんを捨てるメリット

  • 部屋がキレイになる
  • 衣服・靴・かばんの選択にかかっていた時間が減る

使っていない本・CD・DVD

衣服や靴などと同様に本やCD・DVDなども自然と溜まっていく物の代表例です。

「何となく持っておきたい」、「いつか使うかも」、「持っていると安心する」などの理由で持っている人が多いと思いますが、こちらも捨てたほうが良いです。

部屋はきれいになるし、無駄な所有欲もなくなるので、結構スッキリします。捨ててみても案外困ることはないし、捨てて後悔することも実際はほとんどありません。

※ちなみに、本やCD・DVDなどは「AmazonのKindle(電子書籍)」、「Prime Video・Netflix」、「Prime Music」などを使えば、物理的なスペースを取らずに利用できるので、変更するのもおすすめです。

  • 紙の本⇒Kindle本(電子書籍)
  • DVD⇒Prime VideoやNetflix、Hulu
  • CD⇒Prime Musicやspotify

無駄にたまった書類・郵便

学生にしろサラリーマンにしろ、フリーランスにしろ日頃の活動で溜まった書類・郵便は結構あると思います。

大事そうだから捨てないでおこうと思って、とっておくと、書類・郵便の山ができていることは結構あります。

一つずつチェックして、いらないものは捨てるのがおすすめです。

壊れた家電・電子機器

家電や電子機器の処分は結構大変なので、壊れたまま放置しがちですが、邪魔なので捨てたほうが良いです。

意外に空間を占めているので、とっとと片づけるにつきます。業者に引き取ってもらうなり、買取サービスで売却するなりして処分しましょう。