最近話題の新しい生き方『ミニマリスト』とは?【モノを持たいな自由な生き方】

2018年12月12日

ミニマリストとは

どうも、ブログ管理人のタクミです。本記事では主に次のことを紹介します。

  • ミニマリストとは
  • ミニマリストは具体的にどのような生活をしているのか
  • ミニマリストになるには

この記事を書いている僕は現在大学生ですが、ミニマリストという生き方を知って以来、なるべく物を持たない自由な生活を目指しています。がっつりミニマリストというわけではありませんが、ある程度ミニマリストについて知っています。

ミニマリストとは?

ミニマリストとは簡単に言えば、必要最低限の「モノ」しか持たず生活している人たちのことを言います。自分の人生において余分なもの・必要ないものを極力なくし、自分の取って大切なものを重要視する、という考えのもと生まれた生き方です。

ミニマリストと言えば、「モノを持たず、切り詰めた生活をしている」、「我慢が多そうな生活」というイメージを持っている人が多いと思いますが、本質は少し違います。ミニマリストの本質は、自分の人生から余分な「モノ」をそぎ落とすことで、本当に大切なものを把握する、というところにあります。

なので、単なる節約家とは少し違う、ということを意識することが大切です。※ちなみにここでいう「モノ」とは、物質的なものに限らず、人間関係、プライド、見栄なども含まれます

プライドや見栄、人間関係も含め、あらゆる「モノ」から自由になった生き方というわけです。

ミニマリストは具体的にどのような生活をしているのか

ミニマリストが具体的にどのような生活をしているかですが、ここではミニマリストの中で有名なしぶさんの生活を紹介したいと思います。

しぶさんは19歳の頃からミニマリストとして生きているミニマリスト界の有名人なので、ミニマリストのロールモデルとして参考になると思います。※生活内容はしぶさんの書籍『手ぶらで生きる』を参考にしています

しぶさんが生活から削ったもの

まずは、しぶさんが自分の生活から削ったものを紹介します。具体的には次のような感じです。

  • 冷蔵庫を持たない⇒過剰なストックをしないため
  • テレビを持たない⇒受け身の娯楽を減らす
  • 収納を持たない⇒衣装ケースや3段ボックスをなくす
  • 財布を持たない⇒キャッシュレスの生活
  • 一日一食にする⇒食事を減らす
  • 4畳半に住む⇒家賃と広い部屋を減らす

他にもたくさんありますが、基本的な所としてはこんな感じです。極端に見えるかもしれませんが、改めてみると意外に生活から減らせるものが多いがよく分かります。ミニマリストを目指す人以外でも参考になる部分はあると思います。

特にキャッシュレスやテレビをなくすなどはメリットも多いです。

しぶさんの生活費

しぶさんはミニマリストとしてお金がかからない生活をしていて、その生活費は月に約7万円とのことです。一般的に見てもかなり低いといえます(かなりというレベルじゃないかもしれませんが・・・)。

※具体的な生活費の内実はしぶさんの書籍『手ぶらで生きる』に書かれています。また、しぶさんのブログでも分かります(少し古いですが・・・)⇒ブログはこちら

生活費に関しては特に家賃や水道・光熱費を押さえているのが特徴です。また、食費もかなり削ってあります。その他にはスマホ代を格安SIM、WiMAXを利用することで減らしているのも参考になると思います。

しぶさんがモノを削るうえで意識していること

しぶさんは、モノを削るうえで次の5つのポイントを意識しているそうです。

  • カネ・ミニマリズム(お金)
  • モノ・ミニマリズム(物)
  • トキ・ミニマリズム(時間)
  • ヒト・ミニマリズム(人間関係)
  • コト・ミニマリズム(思考・行動)

この5つは、普段の生活を見直すうえでもとても重要なポイントです。ミニマリストに関係なく、普段の生活をこの5つに分けて見直すと生活もかなり変わると思います。

最後に:ミニマリストになるには

ミニマリストになるにおいて重要なことは、個人的にですがミニマリスト自体を目的とするのではなく、見栄やプライドを捨てて、自分の大切なものを重要視するということだと思います(というか、それが本質)。

後は自分の生活を見直すこと、お金の流れを理解することなどはもちろん重要なので、始めやすいところから変えていくのが良いと思います。

ミニマリスト関係の本