会社に就職(バイト含む)以外で稼げる方法を4つ紹介します【難易度高いものもある】

会社以外で稼ぐ方法

どうも、ブログ管理人のタクミです。本記事では主に会社に就職(バイトを含む)以外で稼ぐ事が出来る方法をいくつか紹介します。

この記事を書いている僕は現在大学生ですが、バイト以外の方法(後述するクラウドソーシングとブログがメイン)で月4万円くらい稼いでいます。そんな僕が利用している、もしくは知っている方法を中心に紹介していきたいと思います。

方法は4つあります

  • クラウドソーシング
  • ブログ(広告収入)
  • note販売
  • 動画配信(YouTube、ニコニコなど)

クラウドソーシングで在宅でも仕事ができる

クラウドソーシングとは、簡単に言えば仕事を探している人と仕事を頼みたい人(クライアント)をつなげるインターネット上のサービスです。ここ最近誕生した新しいサービスで、フリーランスや副業が流行っている中、注目されているサービスの一つでもあります。

クラウドソーシングではいろんな仕事が扱われていて、Webサイト制作、ロゴのデザイン、ライティング、翻訳など様々な依頼が日々やり取りされています。誰でも無料で登録できるので、大学生でもバイト感覚でお金を稼ぐ事が出来ます。※実際僕もよくクラウドソーシングを利用しています

有名なクラウドソーシングサービス

ブログは広告収入で稼げる

情報発信の手段として利用されるブログですが、記事に広告(GoogleAdSenseが有名)を貼り付けたり、おすすめ商品を紹介(いわゆるアフィリエイト)したりすることで広告収入や紹介料金などを得る事も出来ます。

これもクラウドソーシング同様、フリーランスや副業の稼ぐ手段としてよく利用されています。※トップのブロガーはブログだけで月100万以上稼ぐとか

また、クラウドソーシングのようなスキルや時間を切り売りして稼ぐ形とは違い、自動収益化できるというメリットがあります。寝ててもブログがお金を生み出すとかよく言われています。

ただ、ブログはクラウドソーシングとは違い、稼ぐのはかなり難しいです。最初はほとんど記事が読まれませんし、月1万以上稼ぐのでさえ半年以上かかるともいわれています(一部の人を除く)。なので、ブログで稼ぐにはかなり力と根気が要ります。

ブログ収益化について分かる本

noteで自分の記事を売ろう

noteとは、文章、写真、イラスト、音楽、映像などの作品を投稿することができるプラットフォームです。最近、人気が出てきているサービスで、ブログやFacebookのように情報発信に利用できます。

そして、このnoteでは自分の投稿した文章などに価格を付けて販売する事が出来ます。上限は1万円ですが、有益な記事を書けば売れる可能性もあります。

ただ、noteで商品を売るのは知名度や人気、信頼もある程度必要になるでしょう(普通、見ず知らずの人にお金を使いたくない)。ブログなどと合わせて収益化の手段としては使えると思います。⇒noteのホームページはこちら

動画配信は次の3つがおすすめ

動画配信サービスはいくつかありましが、次の3つのプラットフォームは稼げるといわれています。

  • YouTube
  • ニコニコチャンネル
  • SHOWROOM

YouTubeは、広告収入で稼ぐ事が出来るといわれています。1再生0.1円くらいらしい(詳しくは分からない)ですが、再生数が多ければある程度の収益にはなります。⇒YouTubeのホームページはこちら

ニコニコチャンネルは月額課金制の有料チャンネルを作成する事が出来ます。安定して稼ぎを得たいならおすすめです。登録者を増やすのは相当難しいと思いますが・・・⇒ニコニコチャンネルのホームページはこちら

SHOWROOMは、最近有名になっている動画配信サービスです。視聴した人が配信者に直接お金を送れる投げ銭機能があり、ダイレクト課金を受け取れます。⇒SHOWROOMのホームページはこちら

どれも、ある程度の継続とファンの獲得が必須ですが、挑戦する価値はあると思います。ブログやnoteなどのテキスト型とも違う部分も良かったりします。